遺伝は関係するのか?実際どうなのか調べてみました

老人性イボの原因で、遺伝を考えたことがある方はいらっしゃいませんか?
実は、老人性イボの原因の一つに、遺伝というのはあり得ることなのです。

 

まず、軽く老人性イボの原因をご紹介していきます。
老人性イボの原因は大きく分けて2つになります。
一つは紫外線などの外的刺激によって、ダメージを受け出来ることです。
もう一つはターンオーバーが乱れてしまいイボが出来るといった状態です。

 

どちらも年齢を重ねると出てくるものなので、若いころ油断していると、後々後悔するかもしれません。

 

さて、どちらの原因にも「遺伝」というワードは出てきませんでしたが、この2つの原因の中に「遺伝」が隠れているのです。
実は、老人性イボの原因というのは明確には判明しておらず、遺伝的な要素も関係しているのではないかと言われているのです。

 

自分の両親を見てイボを発見した場合は自分にもできる可能性があるということです。
いわゆる、「体質」というやつです。

 

つまり、先天的に遺伝要素で受け継がれた体質に、輪をかけるように紫外線などのダメージを受けると、イボが出来てしまうことになります。
体質なら諦めよう・・・
この記事を読んでいる方は、そう思ってしまっても仕方がないことですが、体質は改善することが出来るものです。
また、自分にはできないように気を付けよう!と何かしらの対策を練ることだってできます。

 

もしも遺伝が関係しているならどのようなことに気を付けたらよいのでしょうか?
早速、その辺をご紹介していきます。

 

 

□入浴編□
・身体を洗う際に使用するタオルはナイロン生地のものではなく、綿のものを使用するようにしましょう。
・入浴剤を使用する際は保湿効果が期待できるものを使用するといいでしょう。

 

□日常編□
・日焼け止め対策は忘れずに行いましょう。
・出来れば日傘や帽子といったアイテムも併用するようにしましょう。
・首は特に無防備な状態の方が多いので、日焼け止めを忘れないようにしましょう。

 

□スキンケア編□
・スキンケアでイボに大切なのは保湿です。保湿成分の高いスキンケア商品を使用するようにしましょう。
・老人性イボの場合、角質ケアも大切になってきますので、角質ケアのできる商品もおすすめです。
・朝が忙しいからと、朝さぼることはやめて、朝晩しっかりとスキンケアをしてあげましょう。

 

 

以上が、遺伝が関係していても予防をできる方法になります。
他にも様々なものがあります。
例えば、ビタミンCやEのサプリメントを服用することなどです。
ただ、ビタミンCというのは浸透しにくい成分なので、ビタミンC誘導体という浸透型ビタミンが配合されているスキンケア商品を使用するといいです。

 

遺伝だからとあきらめず、できている方はせっせと治すケアをしてみてください。
まだできてない方は、今からスキンケアなどに注意して両親からの遺伝を打破しちゃいましょう!

 

今だと、老人性イボなどに効果が期待できるスキンケア商品がいろいろありますので、試してみてはいかがでしょうか?

関連ページ

老人性イボの原因は身近にあった!
老人性イボの原因は実は身近なところにあります。老人性イボの気になる原因とは何なのでしょうか?
自宅でもできる対策をご紹介します!
老人性イボで諦めかけている方!対策は練っていますか?今回は老人性イボの対策についてご紹介します!
老人性イボは30代からもできるものなのか?
老人性イボって、年齢を重ねると出てくるものですが30代の方ですでに悩んでいる方がいらっしゃるようです。老人性イボで悩んでいる30代の方は必見です!