老人性イボに使える市販薬はなにがある?

老人性イボでお悩みの皆さん、市販薬でどうにか治したいと思っている方、多いのではないでしょうか?
市販薬といえば、イボに効果が期待できるものはほとんどが塗るものや貼るものばかりです。
なかなか、飲み薬タイプのものがありません。

 

今回は老人性イボにも効果が期待できる、そして、使用しても大丈夫な市販薬をご紹介していきます。

 

●イボコロリ(塗り薬タイプ)
こちらは実は老人性イボにも効果は期待できますし、割と即効性もありますが、一つ難点なのが、顔や首などには使用できないことです。
他の部位であれば使用しても大丈夫なので、使用上の注意だけ守って使用すればOKです。

 

●紫雲膏
こちらは漢方の塗り薬で、即効性はありませんが、顔や首への使用もできますし、老人性イボにも効果が期待できる商品です。

 

●ドクダミエキス
こちらは市販薬というよりは天然由来のオイルやエキスといった類になりますが、こちらも顔や首へ使用することが出来、老人性イボに効果が期待できそうです。

 

●杏仁オイル
こちらも市販薬というより、天然由来のオイルですが、顔や首の老人性イボに効果が期待できます。
杏仁オイルについては、今後の記事で少し触れていきますが、角質ケアをする際に大切な成分になりますので、こちらは予防も兼ねて積極的に塗ったらいいかと思います。

 

●木酢液
木酢液は顔や首に使用することはできますが、老人性イボにはあまり効果が期待できないようです。
木酢液についてはまた別の記事でご紹介しますが、木酢液が効果を発揮するのはウイルス性のイボのようです。

 

 

上記のようなものが市販で販売されているものになりますが、即効性がないのがほとんどの商品となりますので、すぐに治したいという方は病院にかかった方が早いかもしれません。
ただ、病院にかかったからといってすぐに消えるかというと、そこは微妙なところではあります。
さきにご紹介したように、液体窒素であれば、痕が残ってしまったり、色素沈着が起きてしまったりと様々なデメリットがありますし、炭酸ガスレーザー治療だと費用が馬鹿になりません。。
また、老人性イボだと思っていたらウイルス性だった!という場合もあります。

 

なお、老人性イボに効果が期待できるとされるものをご紹介してきましたが、あくまで配合されている成分から読み取ったものとなります。
老人性イボに大切なのは、「角質ケア」と「ターンオーバー」の活発化ですので、これらを促すものであれば市販薬でなくとも、化粧品などでもいいかもしれません。

 

老人性イボに効果が期待される化粧品などについても今後の記事でご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

現在出来ているイボが本当に老人性イボなのか気になる・・・という方は、治療についても相談できるかと思いますので、病院に一度足を運んでみるのも一つの手なのではないでしょうか?
市販薬で何とかしようというのではなく、ときには病院で診てもらうことも大切ですよ。

関連ページ

木酢液は顔に使用しても大丈夫?
老人性イボは木酢液で治すことが出来るのでしょうか?老人性イボは顔などにもできますが、そもそも木酢液って顔に使用してもOKなのでしょうか?
顔や首のポツポツをイボコロリで治すなら服用タイプがお勧めです
老人性イボを治したい方でイボコロリの使用を検討している方へ。老人性イボは首元や顔などにできるものですが、その場合はイボコロリは服用タイプがお勧めです。
スピール膏はどこにでも使用することはできるのか?
老人性イボにスピール膏は使用できるのでしょうか?老人性イボの特徴をもとにスピール膏の向き不向きを調べてみました。
顔や首のポツポツはどんな化粧品でケアをすればいいのでしょう?
老人性イボの予防として効果が期待できる化粧品はないのでしょうか?老人性イボを予防するには保湿効果の高い化粧品がお勧めです。
老人性イボに効果が期待できる艶つや習慣って何?
老人性イボにも効果が期待できるとされる艶つや習慣って何者?!老人性イボの方も艶つや習慣なら安心して使用することが出来るかもしれません!