木酢液は顔や首に使っても問題ないのか?

「木酢液」って皆さんはご存知でしょうか?
木酢液とは、木を燃やして炭にする過程で出てくる液体のことで、実はイボ治療で活躍をするそうなんです。

 

さて、そんな木酢液は老人性イボには効果はあるのでしょうか?
今回は、木酢液が老人性イボに効果があるのか、木酢液の使い方など、木酢液の「そうだったんだ!」といったところをご紹介していきます。

 

 

●木酢液は老人性イボに効果は期待できる?
木酢液はイボ治療で現在注目を集めているようですが、私の調べたところによると、老人性イボには効果が期待できないようです。
一応、商品として販売されているものには「老人性イボにも効果あり」なんてことが書いてあったりするものもありましたが、これは嘘です。

 

理由はこんなところにあります。
木酢液というのは、殺菌作用が強く、ウイルス性のイボに効果が期待できます。
特にお子様の水イボなんかには効果テキメンなんだとか。
つまり、お肌の老化現象が原因である老人性イボには殺菌というのは何の効果も発揮しないということです。

 

しかし、せっかく木酢液というものを知る機会なので、もう少し木酢液について詳細をご紹介していきます。

 

 

●木酢液は薄める?原液を使用する?
木酢液は様々なタイプが販売されています。
木酢液を薄めた商品や、入浴剤として使用するタイプ、原液のままでの販売などなど。
木酢液を使用する部位によって、使用するタイプも分けたらいいのではないかと思います。
というのも、木酢液は少し独特なニオイがするそうで、このニオイが苦手な方もいらっしゃるようです。
また、顔や首など皮膚の薄い部分はかぶれやすいため、パッチテストを行ってから使用する方もいます。

 

個人的にお勧めの方法は、入浴剤として使用するものがお勧めかと思います。
初めて使用する方は、特に使用方法がわからず原液で嫌な思いをすることのないためにも、入浴剤から始めるといいでしょう。

 

他にも、原液タイプのものを購入し、自宅で薄めて綿棒などでイボにピンポイントで塗る方もいらっしゃるようです。
顔や首でなければ、原液のまま綿棒に含ませ、イボに当てるのもありかと思います。

 

 

木酢液の使用方法は本当に人それぞれで、どれが正しいとかはなさそうですが、「老人性イボには効果がない」というところだけは押さえておいてください。

 

ウイルス性のイボかな?と思った方は、木酢液を使用してみるのも一つの方法かと思います。
しかし、万が一ウイルス性の可能性がある場合は、悪性腫瘍だと大変ですので、病院へ行かれるのが一番いいかと思います。

 

発症例はまだ少ないですが、ほくろだと思っていたものががん細胞だったというケースもあります。
そうなってしまうと、手遅れになってしまう場合もあります。
自分で鏡を見てみて、怪しいと感じたら木酢液などの市販のものに頼らず、素直に病院へ直行しましょう。

 

悪性腫瘍である場合、発見が早ければ治る可能性は十分にありますので、気になる方はお医者さんに相談してください。

関連ページ

老人性イボに使用していい市販薬とは?
老人性イボは市販薬で治すことが出来るのでしょうか?今回は老人性イボを市販薬で治すには?というところに焦点を当ててみました。
顔や首のポツポツをイボコロリで治すなら服用タイプがお勧めです
老人性イボを治したい方でイボコロリの使用を検討している方へ。老人性イボは首元や顔などにできるものですが、その場合はイボコロリは服用タイプがお勧めです。
スピール膏はどこにでも使用することはできるのか?
老人性イボにスピール膏は使用できるのでしょうか?老人性イボの特徴をもとにスピール膏の向き不向きを調べてみました。
顔や首のポツポツはどんな化粧品でケアをすればいいのでしょう?
老人性イボの予防として効果が期待できる化粧品はないのでしょうか?老人性イボを予防するには保湿効果の高い化粧品がお勧めです。
老人性イボに効果が期待できる艶つや習慣って何?
老人性イボにも効果が期待できるとされる艶つや習慣って何者?!老人性イボの方も艶つや習慣なら安心して使用することが出来るかもしれません!