老人性イボの取り方はどんな方法があるの?

皆さんは老人性イボをご存知でしょうか?
老人性イボというのは、名前はご高齢の方にできるイボを想像させますが、実は若い方でも結構老人性イボで悩んでいる方が多いようです。

 

老人性イボの特徴としては、茶色っぽい感じの色をしており、取れそうで取れないプラプラとしたイメージのものです。
私の知人にも一人、若いのにも関わらず老人性イボが出来ている方がいますが、男性なのであまり気にしていないようでした。

 

しかし、老人性イボのようなものが顔などに出来た場合・・・女性なら相当気になるものです。
今回は老人性イボの取り方についてご紹介していきます!
老人性イボの取り方には様々な手法がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

□病院で取る取り方□
病院で取るというのが一番手っ取り早い方法です。
しかし、病院で取るにも方法は様々なものがありますので、それぞれご紹介していきます。

 

●液体窒素で取る取り方●
液体窒素で老人性イボを取ることが出来ます。
どのようにするかといいますと、綿棒の先に-196℃の液体窒素を含ませ、直接イボに押し当て焼き切るといった手法になります。

 

【メリット】
・保険が適用されるためリーズナブルに行うことが出来ます。
・処置が5分程度なので、手術のような手間がありません。
・内服薬も処方されて、大体2週間〜1ヶ月ほどで治るようです。
・1回の治療費は2000円前後、もっと安いところもあるようです。

 

【デメリット】
・人によっては強い痛みを伴う場合があります。
・人為的に火傷を発生させる手法であるため、顔や首などの目立つ場所には不向きな治療法です。
・色素沈着が起こりやすい治療法なので、色素沈着が嫌という方はあまりお勧めできません。

 

液体窒素での取り方はとてもリーズナブルで簡単な反面、火傷を発生させるため、一度で終わることが出来ないこと、そして、顔や首などのイボを取る場合は痕が残る覚悟が必要であることがポイントとなります。
これらが大丈夫である方は、液体窒素でもいいかもしれませんが、個人的には女性にはあまりお勧めはしません。

 

 

●炭酸ガスレーザーで取る取り方●
老人性イボに限らず、イボは炭酸ガスレーザーで取ることもできます。
今の医療技術は進歩していますね。

 

【メリット】
・問診があり、その日の施術時間に空きがあればその日のうちに行うことが出来ます。(病院によりますが)
・アフターケアまでしっかりサポートしてくれます。
・痕が残りにくいうえに、痛みも伴い事はほとんどありません。

 

【デメリット】
・保険が適用されないところが多く、1回に7000円〜3万円ほどの費用が必要になります。
・痕は残りにくいですが、1箇所にかかる費用が大きいため、たくさんイボがあるという方は、金銭的に難しい手法になります。

 

炭酸ガスレーザーでの治療というのは、微調整をしながらイボの根元から取り除いてくれるので、本気で治したい方はレーザー治療を行っているようですが、費用がかかるのがネックになる方も少なくないようです。
初診料だけで3000円ほどかかりますし、お薬の処方もあればもう2000円ほどプラスされたりと、とにかくコストがかかる方法です。
しかし、液体窒素ほど痛みがなく、通う回数も少ないとなると、こちらを選ぶ方も多いようです。

 

 

□内服薬での取り方□
内服薬と一言で言っても様々なものが挙げられます。
内服薬で主に処方されるのはヨクイニンですが、こちら、実はハトムギと同じものなので、自宅でハトムギ茶を飲むなども効果は期待できそうです。

 

【メリット】
・液体窒素で治療をした際に処方されることが多く、保険が適用されるため、安価で手に入れることが出来ます。
・飲むだけなので痛みを伴うことなく治療をすることが出来ます。

 

【デメリット】
・内服薬はヨクイニンが主に処方されますが、漢方であるため即効性はありません。
・時間がかかる分、結局は費用も掛かってしまう方も多いようです。

 

内服薬は単体では処方してもらうことは少ないようで、何等かの治療をしたのちに処方されるといったケースが多いため、内服薬を市販で購入する方もいらっしゃいます。
市販薬についてはまた後日記事でご紹介します。

 

 

□自宅で取る取り方□
自宅で取る場合は、時間が許す限り、根気勝負といったところでしょう。
自宅での取り方は、ズバリ!
角質ケアとターンオーバーの活発化です。
この2点に注意してお肌のケアを日頃からしてあげることで老人性イボというのは取れるものなのです。
老人性イボの正体は角質の塊なので、角質ケアをすることで取れるというのは納得です。

 

ピーリングなんかを月に2回とか取り入れてみるといいかもしれません。
また、自宅でのケアで「角質ケア」と「ターンオーバーの活発化」がポイントだとお話ししましたが、艶つや習慣という商品もこの2点をサポートしてくれるオールインワンゲルなので、老人性イボで悩んでいる方にはおすすめのアイテムです。

 

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら